IMPULSE創作日記

読書好きな、バイク乗りの、                    ロックンロールなレザーライフ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

バイク小説  

写真+3<img src=" border="0" width="240" height="320" />

「束の間、日常生活から離れ、
独りの旅人になることで心の扉が開かれる」


本当の自分を求めて彼らが繰り返す
小さな旅の終わりは、
より大きな新たな旅の始まりなのだ・・・。


心の旅をテーマにした
珠玉の短編12篇を収録。



感想:不思議な話が多いですね。
何気なく乗っていても
バイク乗りにはそれぞれ物語があります。


普段は意識することは少ないですが、
この本をきっかけに自分のバイクライフの中に
物語を意識したり、発見したりします。

そういう一冊です。






写真+3<img src=" border="0" width="240" height="320" />

百人のオートバイ乗りがいれば、
百通りのオートバイ・ライフがある。


本書の提案はその百通りのなかの
一つにすぎないけれど、
より深くオートバイを知り、
さらに新しく人生をとらえ直すためにも、


この本はより豊かな
「オートバイ・ライフ」
のヒントになるはずである。



感想:オートバイの選び方、
ツーリングの装備、メカニズム等々
少し硬いところもあるけど、
とても勉強になるし、
ためになる情報も盛りだくさんです。


映画や書籍なども、
たくさん紹介されています。


印象に残った文章を抜粋します。


“ライダーの肉体は、
メカニズムにからめとられる。


オートバイの気化器が不調をきたすと、
自分の右手が故障したように感じるほどに、
ライダーの肉体はメカニズムに組みこまれ、


同時に、メカニズムはライダーの
肉体の内部に取り込まれていく。


歯車やカムのひとつひとつ、
シャフトの一本一本に、
ライダーの筋肉がからみ、まつわりつく。


オイル・サーキットの内部をめぐる
熱いオイルといっしょに、
ライダーの赤い血が循環する。”

片岡義男「コーヒーもう一杯」より


この感覚を、より深く感じる為にも、
オートバイのメカニズムを知りなさい
と著者は言っています。
スポンサーサイト

category: その他

TB: 0    CM: 0   

バイク小説 

写真+3[2]

「束の間、日常生活から離れ、
独りの旅人になることで心の扉が開かれる」


本当の自分を求めて彼らが繰り返す
小さな旅の終わりは、
より大きな新たな旅の始まりなのだ・・・。


心の旅をテーマにした
珠玉の短編12篇を収録。



感想:不思議な話が多いですね。
何気なく乗っていても
バイク乗りにはそれぞれ物語があります。


普段は意識することは少ないですが、
この本をきっかけに自分のバイクライフの中に
物語を意識したり、発見したりします。

そういう一冊です。






写真+3[1]

百人のオートバイ乗りがいれば、
百通りのオートバイ・ライフがある。


本書の提案はその百通りのなかの
一つにすぎないけれど、
より深くオートバイを知り、
さらに新しく人生をとらえ直すためにも、


この本はより豊かな
「オートバイ・ライフ」
のヒントになるはずである。



感想:オートバイの選び方、
ツーリングの装備、メカニズム等々
少し硬いところもあるけど、
とても勉強になるし、
ためになる情報も盛りだくさんです。


映画や書籍なども、
たくさん紹介されています。


印象に残った文章を抜粋します。


“ライダーの肉体は、
メカニズムにからめとられる。


オートバイの気化器が不調をきたすと、
自分の右手が故障したように感じるほどに、
ライダーの肉体はメカニズムに組みこまれ、


同時に、メカニズムはライダーの
肉体の内部に取り込まれていく。


歯車やカムのひとつひとつ、
シャフトの一本一本に、
ライダーの筋肉がからみ、まつわりつく。


オイル・サーキットの内部をめぐる
熱いオイルといっしょに、
ライダーの赤い血が循環する。”

片岡義男「コーヒーもう一杯」より


この感覚を、より深く感じる為にも、
オートバイのメカニズムを知りなさい
と著者は言っています。

category: BOOK

TB: 0    CM: 0   

レッド・ホット・ラウンドウォレット!  

クレイジーな、元バンドメイトからのオーダーです。





ジャジャジャン!

写真+1<img src=" border="0" width="320" height="240" />






22.jpg写真+4<img src=" border="0" width="113" height="150" />
RED HOTなスティングレイをベースに、
レッチリのロゴマークをパイソンで!


小銭入れの代わりに、
札入れを1部屋増やしました。





18.jpg20.jpg
これぞ世界にひとつだけの
オリジナルウォレット!


とてもファンキーに仕上がりました。
THANKS!
参考価格 ¥30000~ 

category: 財布

TB: 0    CM: 0   

レッド・ホット・ラウンドウォレット! 

クレイジーな、元バンドメイトからのオーダーです。





ジャジャジャン!

写真+1[1]






22.jpg写真+4[3]
RED HOTなスティングレイをベースに、
レッチリのロゴマークをパイソンで!


小銭入れの代わりに、
札入れを1部屋増やしました。





18.jpg20.jpg
これぞ世界にひとつだけの
オリジナルウォレット!


とてもファンキーに仕上がりました。
THANKS!
参考価格 ¥30000~ 

category: LEATHER

TB: 0    CM: 0   

システム手帳  

やり手営業マンDさんより
オーダー頂きました。


『システム手帳!』


ビジネスシーンにふさわしい、
フォーマルでシンプルなデザインです。

写真+4<img src= (3)" border="0" width="320" height="240" />
写真+3<img src= (2)" border="0" width="320" height="240" />
サイズはバイブルサイズ、
リングサイズは19㎜です。


やり手営業マンなので、
これ位の大きさは必要です。


バインダー横の細長い茶色い革は、
閉じた時リングの跡が、
表に出ない様にする為の“当て革”です。





写真+2<img src=" border="0" width="320" height="240" />
バインダーには、信頼のブランド“クラウゼ社製”を。





写真+1<img src=" border="0" width="320" height="240" />
オリジナルロゴ。
”IMPULSE Leather works ”





写真+1<img src= (2)" border="0" width="320" height="240" />
ペン刺しにペンを刺す事により、
開かないようにする仕様です。


やり手営業マンのビジネスカバンに入れる手帳です、
少しでもスマートにして出し入れをし易くしています。


オーダーありがとうございました。
参考価格 ¥12000~


ビジネス、または生活そのものを
管理する手帳。


あなたにぴったりの物を持てば、
仕事もやる気がでるだろうし、
あなたらしい生活が送れるかもしれませんね。


ご連絡はメールフォームから!

category: 小物

TB: 0    CM: 0   

ビジネスシーンの必需品! 

やり手営業マンDさんより
オーダー頂きました。


『システム手帳!』


ビジネスシーンにふさわしい、
フォーマルでシンプルなデザインです。

写真+4[1] (3)
写真+3[2] (2)
サイズはバイブルサイズ、
リングサイズは19㎜です。


やり手営業マンなので、
これ位の大きさは必要です。


バインダー横の細長い茶色い革は、
閉じた時リングの跡が、
表に出ない様にする為の“当て革”です。





写真+2[2]
バインダーには、信頼のブランド“クラウゼ社製”を。





写真+1[5]
オリジナルロゴ。
”IMPULSE Leather works ”





写真+1[3] (2)
ペン刺しにペンを刺す事により、
開かないようにする仕様です。


やり手営業マンのビジネスカバンに入れる手帳です、
少しでもスマートにして出し入れをし易くしています。


オーダーありがとうございました。
参考価格 ¥12000~


ビジネス、または生活そのものを
管理する手帳。


あなたにぴったりの物を持てば、
仕事もやる気がでるだろうし、
あなたらしい生活が送れるかもしれませんね。


ご連絡はメールフォームから!

category: LEATHER

TB: 0    CM: 0   

バイクに乗る  

バイクに乗る理由は人それぞれだと思う。


スピードにスリルを求める人、
カスタムをして自分だけのスタイルを求める人、
ツーリングや旅をする人、
移動の手段として乗る人・・・。


僕はツーリングがしたくてバイクに乗りだしたので、
ツーリング(旅)の書籍を紹介したいと思います。






写真+5<img src=" border="0" width="240" height="320" />
北海道から九州までのお薦めのポイント、
野宿や運転技術の具体的なノウハウ、


著者自身のユニークなエピソードを交えつつ、
自然の素晴らしさ、速度の持つ超越的な力など、
自由な旅に出ることの本質を論じていく。



感想:著者の小説をいくつか読んだことがありますが、
なかなか濃い物語を書く人です。


この旅行記でも著者のワイルドさが発揮されています。
為になる話も多く、語り口も面白いです。
とくに、北海道の小ネタは必見です。







写真+2<img src= (2)" border="0" width="240" height="320" />
捨てた故郷へ向かう道中で自分自身を見つめ直す男、
著者が自らを投影した「俺」たちが、
バイクで旅を続ける。


そんな不器用な男たちの
愛すべき生き様を描いた短編集。



感想:こちらの著者もなかなかワイルドな人です。
旅行記というよりは全体的に物語がメインです。







写真+4<img src=" border="0" width="240" height="320" />
炎天下、15歳の少年が50㏄バイクに乗って、
市川-大阪往復1500㎞の旅に出た、


たったひとりで・・・。


自分の能力に対する限りない挑戦の記録。
日記や手記を収め、思春期真っ只中の
伝説の名レーサー東次郎の心の軌跡を追う。



感想:この記録は1957年のものです。
時代、環境など全てが今とは比べ物にならないほど違います。


まずバイクは、ドイツ製 クライドラー 
2ストローク 50㏄ 2.5馬力で、
その力、スピード、加速、安定性は驚異的だと筆者は言っています。


しかし、見た目はバイクというより自転車です。
そして、途中でバンバン壊れます。


これに乗り、旅をしますが
当時の道路は砂利道が多かっったようで、
アスファルトの道路を素晴らしいと言っています。


当時の人が今のバイクや道路や設備などを見たら
ビックリするでしょうね。
感謝せずにはいられません。


この筆者もやはりワイルドです、
大人に対し「ぬかしやがった!」
など少々口が悪いとこもありますが、


この年でこれだけの冒険を
やってのけるところは尊敬に値します。


あなたも是非、偉大なる先人の
バイクライフに触れてみて下さい。







写真+2<img src=" border="0" width="240" height="320" />
恋人はいる、仕事も順調だ。
でも、僕にはこころのこりがあった。


「さすらい」というものをしていない・・・。


ある朝、辞表を出すことを決め、
部屋を引き払い恋人と別れ、
ギアをひと蹴り。


リア・フェンダーにはテント。
日本中の道を行こう。
過去と未来に思いを馳せながら・・・。


感想:著者が1年以上をかけ、
北海道から南は沖縄まで日本中を旅します。


世の中は広く、いろんな人がいて、
いろんな人生があることを深く感じました。


自分の人生というか、
生き方を見つめ直しました。
「自分らしく生きるぞ!」と。


読み終えると「北海道一周してーーー!」
と旅に出たくなります。
読む時は、お気を付けて。

category: その他

TB: 0    CM: 0   

バイクに乗る 

バイクに乗る理由は人それぞれだと思う。


スピードにスリルを求める人、
カスタムをして自分だけのスタイルを求める人、
ツーリングや旅をする人、
移動の手段として乗る人・・・。


僕はツーリングがしたくてバイクに乗りだしたので、
ツーリング(旅)の書籍を紹介したいと思います。






写真+5[1]
北海道から九州までのお薦めのポイント、
野宿や運転技術の具体的なノウハウ、


著者自身のユニークなエピソードを交えつつ、
自然の素晴らしさ、速度の持つ超越的な力など、
自由な旅に出ることの本質を論じていく。



感想:著者の小説をいくつか読んだことがありますが、
なかなか濃い物語を書く人です。


この旅行記でも著者のワイルドさが発揮されています。
為になる話も多く、語り口も面白いです。
とくに、北海道の小ネタは必見です。







写真+2[3] (2)
捨てた故郷へ向かう道中で自分自身を見つめ直す男、
著者が自らを投影した「俺」たちが、
バイクで旅を続ける。


そんな不器用な男たちの
愛すべき生き様を描いた短編集。



感想:こちらの著者もなかなかワイルドな人です。
旅行記というよりは全体的に物語がメインです。







写真+4[1]
炎天下、15歳の少年が50㏄バイクに乗って、
市川-大阪往復1500㎞の旅に出た、


たったひとりで・・・。


自分の能力に対する限りない挑戦の記録。
日記や手記を収め、思春期真っ只中の
伝説の名レーサー東次郎の心の軌跡を追う。



感想:この記録は1957年のものです。
時代、環境など全てが今とは比べ物にならないほど違います。


まずバイクは、ドイツ製 クライドラー 
2ストローク 50㏄ 2.5馬力で、
その力、スピード、加速、安定性は驚異的だと筆者は言っています。


しかし、見た目はバイクというより自転車です。
そして、途中でバンバン壊れます。


これに乗り、旅をしますが
当時の道路は砂利道が多かっったようで、
アスファルトの道路を素晴らしいと言っています。


当時の人が今のバイクや道路や設備などを見たら
ビックリするでしょうね。
感謝せずにはいられません。


この筆者もやはりワイルドです、
大人に対し「ぬかしやがった!」
など少々口が悪いとこもありますが、


この年でこれだけの冒険を
やってのけるところは尊敬に値します。


あなたも是非、偉大なる先人の
バイクライフに触れてみて下さい。







写真+2[3]
恋人はいる、仕事も順調だ。
でも、僕にはこころのこりがあった。


「さすらい」というものをしていない・・・。


ある朝、辞表を出すことを決め、
部屋を引き払い恋人と別れ、
ギアをひと蹴り。


リア・フェンダーにはテント。
日本中の道を行こう。
過去と未来に思いを馳せながら・・・。


感想:著者が1年以上をかけ、
北海道から南は沖縄まで日本中を旅します。


世の中は広く、いろんな人がいて、
いろんな人生があることを深く感じました。


自分の人生というか、
生き方を見つめ直しました。
「自分らしく生きるぞ!」と。


読み終えると「北海道一周してーーー!」
と旅に出たくなります。
読む時は、お気を付けて。

category: BOOK

TB: 0    CM: 0   

サイドバッグ!  

前回に続き、サイドバッグ!



48.jpg
これは、自車W650用に作製しました。
30㎝×25㎝×10㎝のわりとコンパクトなバッグです。


これぐらいの大きさでもあると、だいぶ重宝します。
中には、かっぱ、工具、上着などが入っています。


ベルトが届けばフタが閉められるので、
まだ、おみあげ位は入るでしょう。
参考価格 ¥20000~





写真
こちらは、四国の足摺岬に
日帰りで行った時の写真です。


広島市内から蒲刈島へ、
そこからフェリーで今治へ渡り、
四国カルストを越え、
四万十川をくだり、足摺岬へ。


帰りは松山からフェリーで、
広島の予定が・・・・・、


ガーーーン・・・


フェリーの時間に間に合わず、
仕方なく高速で再び今治へ、


そして、しまなみ海道を渡り、
やっとの事で広島へ・・・。
日帰りで830㎞を走りぬきました。


その晩は体中がシビれ、
なかなか眠れませんでした。


そしてやっと眠りに就くと、
高速を走る夢を見ました・・・。

category: バッグ

TB: 0    CM: 0   

サイドバッグ! 

前回に続き、サイドバッグ!



48.jpg
これは、自車W650用に作製しました。
30㎝×25㎝×10㎝のわりとコンパクトなバッグです。


これぐらいの大きさでもあると、だいぶ重宝します。
中には、かっぱ、工具、上着などが入っています。


ベルトが届けばフタが閉められるので、
まだ、おみあげ位は入るでしょう。
参考価格 ¥20000~





写真
こちらは、四国の足摺岬に
日帰りで行った時の写真です。


広島市内から蒲刈島へ、
そこからフェリーで今治へ渡り、
四国カルストを越え、
四万十川をくだり、足摺岬へ。


帰りは松山からフェリーで、
広島の予定が・・・・・、


ガーーーン・・・


フェリーの時間に間に合わず、
仕方なく高速で再び今治へ、


そして、しまなみ海道を渡り、
やっとの事で広島へ・・・。
日帰りで830㎞を走りぬきました。


その晩は体中がシビれ、
なかなか眠れませんでした。


そしてやっと眠りに就くと、
高速を走る夢を見ました・・・。

category: LEATHER

TB: 0    CM: 0   

バイク乗りの必需品!  

バイク仲間のチュルシンさんのオーダー!
「ツーリング用にサイドバッグが欲しい!」


カッパ、おみあげ、手荷物など
ツーリングにバッグは必需品です。


しかし・・・


バイクに合うサイズ、
気に入ったデザインがなかなか見つからない・・・


ということで、
チュルシンさんの愛車HONDA CB1100、
この黒いヤツ専用にサイズを測り作製しました。
(後ろは秋吉台ですかね・・・?)
70.jpg





そのカバンがこちら・・・








ジャーーーン!
11.jpg13.jpg12.jpg14.jpg
チュルシンさんが考案した、
とにかくシンプルなデザインに、


40㎝×30㎝×10㎝という
頼もしい大きさのサイドバッグです。


フタはコンチョをひもで
くるくるっと留める使用です。


なので、少々バッグからはみ出ても
ひもかかれば大丈夫!
かなり大きな物でも収納できます!
参考価格 ¥25000~







つづいてこちら・・・・







25.jpg
こちらもチュルシンさんと一緒に
デザインを考案した、キーケースです。


ボタンをはずすと下側からスルスルとカギが出てきます。
ヘビ皮がアクセントのちょっとオシャレな一品です。


収納されているカギは1本!
バイクに乗る為のキーケースなのです!
参考価格 ¥5000~







つづいてこちら・・・







27.jpg
丸型ツールバッグ!20㎝×8㎝
工具や小物入れに最適です。


これぐらいの大きさなら
付けれる所がたくさんあるので便利です。
参考価格¥8000~


チュルシンさんどうもありがとう!
また走りましょう!

category: 小物

TB: 0    CM: 0   

バイク乗りの必需品! 

バイク仲間のチュルシンさんのオーダー!
「ツーリング用にサイドバッグが欲しい!」


カッパ、おみあげ、手荷物など
ツーリングにバッグは必需品です。


しかし・・・


バイクに合うサイズ、
気に入ったデザインがなかなか見つからない・・・


ということで、
チュルシンさんの愛車HONDA CB1100、
この黒いヤツ専用にサイズを測り作製しました。
(後ろは秋吉台ですかね・・・?)
70.jpg





そのカバンがこちら・・・








ジャーーーン!
11.jpg13.jpg12.jpg14.jpg
チュルシンさんが考案した、
とにかくシンプルなデザインに、


40㎝×30㎝×10㎝という
頼もしい大きさのサイドバッグです。


フタはコンチョをひもで
くるくるっと留める使用です。


なので、少々バッグからはみ出ても
ひもかかれば大丈夫!
かなり大きな物でも収納できます!
参考価格 ¥25000~







つづいてこちら・・・・







25.jpg
こちらもチュルシンさんと一緒に
デザインを考案した、キーケースです。


ボタンをはずすと下側からスルスルとカギが出てきます。
ヘビ皮がアクセントのちょっとオシャレな一品です。


収納されているカギは1本!
バイクに乗る為のキーケースなのです!
参考価格 ¥5000~







つづいてこちら・・・







27.jpg
丸型ツールバッグ!20㎝×8㎝
工具や小物入れに最適です。


これぐらいの大きさなら
付けれる所がたくさんあるので便利です。
参考価格¥8000~


チュルシンさんどうもありがとう!
また走りましょう!

category: LEATHER

TB: 0    CM: 0   

カードケース!  

今回はカードケースをつくってみました。


クレジットカードにポイントカード、
免許証に会員カード、
診察券にロックンロールライセンス・・・


あなたの財布は破裂寸前になっていませんか?
ロックンローラーたる者スマートにキメましょう!



5.jpg6.jpg
シンプルな造りで20枚位収納できます!
茶色い革は、トカゲです。
ベージュの革は牛です。


牛革は色の付いていないナチュラルな革ですが、
これから使用するにつれ日に焼けてだんだんと茶色くなってきます。
これがいわゆる“あじ”というやつです。
いい感じになった頃、また載せたいと思います。


お楽しみに!
参考価格 ¥4000~

category: 小物

TB: 0    CM: 0   

カードケース! 

今回はカードケースをつくってみました。


クレジットカードにポイントカード、
免許証に会員カード、
診察券にロックンロールライセンス・・・


あなたの財布は破裂寸前になっていませんか?
ロックンローラーたる者スマートにキメましょう!



5.jpg6.jpg
シンプルな造りで20枚位収納できます!
茶色い革は、トカゲです。
ベージュの革は牛です。


牛革は色の付いていないナチュラルな革ですが、
これから使用するにつれ日に焼けてだんだんと茶色くなってきます。
これがいわゆる“あじ”というやつです。
いい感じになった頃、また載せたいと思います。


お楽しみに!
参考価格 ¥4000~

category: LEATHER

TB: 0    CM: 0   

リーゼントの必需品!  

シャキーーン!






コームケース!
2.jpg
ロックンローラーたる者、
コームのひとつぐらいは持っていると思いますが、
皆さんどうやって保管、携帯していますか?


ペラペラのビニール、ましてやハダカなんて・・・
そんなナンセンスな事はしてないですよね!?


ケースにまでこだわってこそ本物のロックンローラーというもの!
1.jpg
参考価格 ¥2000~


このままケツのポケットに入れるもよし!
フックを付けてベルトに引っ掛けてもよし!


スマートに携帯して、いつでも
ピシッとキメましょう!


デザイン等、相談に応じますよ!
クロコなんかシブそうだなぁ~・・・。



category: 小物

TB: 0    CM: 0   

リーゼントの必需品! 

シャキーーン!






コームケース!
2.jpg
ロックンローラーたる者、
コームのひとつぐらいは持っていると思いますが、
皆さんどうやって保管、携帯していますか?


ペラペラのビニール、ましてやハダカなんて・・・
そんなナンセンスな事はしてないですよね!?


ケースにまでこだわってこそ本物のロックンローラーというもの!
1.jpg
参考価格 ¥2000~


このままケツのポケットに入れるもよし!
フックを付けてベルトに引っ掛けてもよし!


スマートに携帯して、いつでも
ピシッとキメましょう!


デザイン等、相談に応じますよ!
クロコなんかシブそうだなぁ~・・・。



category: LEATHER

TB: 0    CM: 0   

ワニ革!  

「ワニ革の財布が欲しい」とオーダーを頂きました。


今回はオークションで競り落とした、
こちらのカイマンを使い、
いろいろ製作しました!
26.jpg







この一枚から・・・







デデーン!
10.jpg8.jpg写真 2写真 1
ラウンドウォレット、小銭入れ、キーホルダーを作りました。

素材の良さを活かすため
シンプルなデザインにしました。


財布は依頼者の要望で、
カード入れもありません。


細かい所まで自分使用に出来るのが、
オーダーメイドの良いところです!


ありがとうございました!
参考価格 クロコ財布¥45000~
     

category: 革関連

TB: 0    CM: 0   

ワニ革! 

「ワニ革の財布が欲しい」とオーダーを頂きました。


今回はオークションで競り落とした、
こちらのカイマンを使い、
いろいろ製作しました!
26.jpg







この一枚から・・・







デデーン!
10.jpg8.jpg写真 2写真 1
ラウンドウォレット、小銭入れ、キーホルダーを作りました。

素材の良さを活かすため
シンプルなデザインにしました。


財布は依頼者の要望で、
カード入れもありません。


細かい所まで自分使用に出来るのが、
オーダーメイドの良いところです!


ありがとうございました!
参考価格 クロコ財布¥45000~
     

category: LEATHER

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

オーダーメイド作品集

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

カレンダー

ようこそ!

ポチッとヨロシク!

ブロとも一覧

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。